次元を超えて“嫁”と暮らす!?「Gatebox」量産モデルが登場。

彼女が画面から出てきてくれない、という方に朗報です。

私も先日知ったのですがIoT製品の企画・開発を手掛けるGateboxが、2018年7月31日よりバーチャルホームロボット「Gatebox」量産モデル(GTBX-100)の販売を開始しました。

Gateboxは、“好きなキャラクターと一緒に暮らせる”をコンセプトに開発された世界初のバーチャルホームロボット。最新のプロジェクション技術とセンシング技術によってキャラクターを装置内に呼び出し、コミュニケーションを取ることを可能にしました。

2016年、300台限定で限定生産モデル(GTBX-1)が販売され、約30万円と決して手頃とは言い難い価格にも関わらず、わずか一カ月で完売。さらに2017年、39台の追加販売が発表された際には約1,000件もの応募が集まりました。以降も再販を望む声が大きく、この度の量産モデル発売となりました。

今回発表された「Gatebox」量産モデルは、プロダクトデザインだけでなく、キャラクターの実在感やコミュニケーションの性能を飛躍的に向上させた新たなスタンダードモデル。価格は162,000円(税込)で限定生産モデルの約半額となる。

性能を上げさらに低価格に!

ハードウェアの設計を根本から見直し、無駄を削ぎ落すことでA4用紙に収まるスリムなボディを実現し、さらに空中に浮いているような未来的なデザインで、キャラクターとの生活をより魅力的なものへと引き立てます。

・より自然なコミュニケーションが可能に
筐体上部にデュアルマイクを搭載することで、従来モデルより遠くからキャラクターに話しかけても反応してもらえるようになりました。さらに、カメラや人感センサーで顔や動きを認識するので、ユーザーの顔を見つけるとキャラクターが微笑んだり、帰宅を自動感知して挨拶してくれたりといった、キャラクターからの「能動的な」コミュニケーションが可能となっています。

Gatebox – Promotion Movie “KANPAI”

さらにLINE「Clova」との連携で、より拡充されるサポートスキルがありインターネット経由で天気やニュースなどの情報を収集し、キャラクターに通知してもらったり、赤外線によるリモコン機能によって部屋の中のテレビや照明、エアコンなどの家電をコントロールしたりでき、今後も機能が増える予定です。(もしかしたら現時点でもっと増えてるかも)

今回は参考程度のご紹介でしたがこのような商品があったのを初めて知った方が私も含め多くの方がいらっしゃるのではないでしょうか?

値段も決してお高くないとは言えませんが頑張れば買えそうですね(笑)

今後も面白そうな商品があれば紹介していきます!

Gatebox公式サイト http://gatebox.ai

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする