「48手」を完全映像化!プロレス風に再現!

皆さんは日本は古くからエッチの体位のことを四十八手と呼んでいることをご存知ですか?これは相撲の決まりてを真似て名付けられたとも言われています。そんな四十八手をプロレス風に再現した動画を見つけましたのでご紹介します。

 

ラハイナ東海

迫力ある男女の絡みに注目!

動画はこちら。↑↑

この動画を作ったのは大手コンドームメーカーの「Durex」です。世のカップルたちにもっと愛のあるセックスを楽しんで欲しいということで四十八手の動画を制作したらしいです。

動画を見てみると、プロレスラーのような体型の男性と、なぜかバスローブを羽織ったモデルのような女性が向かい合って立っていて、本当にこれからプロレスでも始まりそうな雰囲気が漂っています。

 

お互いにがっちり組み合ったと思ったら…

お互いに走りだし拳を振り上げて組み合ったと思ったら、おもむろに男性が女性のお尻を鷲掴み。そこからなんとも卑猥な寝技が繰り広げられます。

最初に繰り出されたのは女性の片足を抱え込んで男性が挿入する、名前だけはとても有名な「松葉崩し」、そこから素早く女性が男性の上をとって「宝船」、さにら男性が座ったまま女性を背後から抱え込む「乱れ牡丹」へと目まぐるしく体位が変わっていきます。

 

 

男性にはある程度筋力が必要かも…

次々に四十八手が紹介されていくのですが、中にはこれまで見たことのない技もあったり、ちょっとアクロバティック過ぎない!?と思うような技もちらほらあります。

「寄り添い」は挿れてもいませんが体位のうちに入るの?という疑問が浮かんだり、「押し車」なんて後背位で挿れているのに女性を持ち上げないといけないようです。今回呼ばれた男性がゴツイ理由がよくわかります。

もしその体位を試したいなら体を鍛えるところから始めないとですね(笑)

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする