日常的にひとりエッチしている女子を見抜く方法4選!

「この子って普段オナニーしてるのかな?」って思っても、オナニーしてるのかどうかなかなか聞けないし、聞けたとしても女子が本当のことを答えてくれるとは限りませんよね?ここでは、日常的にひとりエッチしている女子を見抜く方法をご紹介していきますので、オナニー女子かどうかを判断する参考にしてみてくださいね(笑)

 

アソコを自分から触らせる

 

女の子とセックスしているときに、「自分でいじってるとこ見てみたいな。」とか、「自分で触ってみて。」などといって、女子に自分でアソコを触らせてみましょう。そのときに、あまり抵抗なくアソコを触る女子や、嫌だと言いながらもアソコに触る女子は、日常的にひとりエッチをしている可能性が高いです。

また、その触り方をチェックしてみましょう。触り方が慣れていると、それは完全に日常的にひとりエッチをしているという証拠にもなります。

アソコを触ることを完全に拒否する女子や、たとえアソコを触ってもその触り方がぎこちない女子は、ひとりエッチをしていない可能性が高いです。ちなみに、挿入しているときに、自分でアソコを触る女子も、日常的にひとりエッチをしていることがほとんどです。

 

腰を動かしてくる

愛撫をしているときに、腰を動かしてくる女子は、日常的にひとりエッチをしている可能性があります。ひとりエッチをしている女子は、自分が気持ちいいと感じるポイントがわかっているので、無意識のうちに腰を動かして、自分がもっと気持ち良くなるように、カラダの位置や動きを調整しているのです。

もちろん挿入したときも、ひとりエッチをしている女子は腰を動かして、気持ちいいスポットを探します。ひとりエッチをしていない女子は、自分のカラダのことを知っていない女子がほとんどなので、腰を動かしてくることは滅多にありません。

 

 

感度がいい

セックスしているときに、感度がいい女子は、日常的にひとりエッチをしている女子が多いです。ひとりエッチで、しっかりとクリトリスや膣が鍛えられているので、痛みを感じることが少なく、セックスを楽しむことができるからです。

ふだんから、クリトリスを自分の指やローターで触ったり、膣にバイブを挿入しているので、感度が良くなっています。感度がいい女子とセックスすると、テンションが上がりますよね。逆に、ひとりエッチをしていない女子は、クリトリスの愛撫を痛がったり、挿入してからも痛がったりすることが多いし、セックスに対して消極的なことも多いです。

 

 

イきやすい

日常的にひとりエッチしている女子は、ひとりエッチをしていない女子と比べて、イキやすいです。それはどうしてかというと、イクことに抵抗がないからです。

ひとりエッチをしていなくて、イクことがよくわかっていない女子は、セックスの時にイクことに抵抗してしまいがちです。イキそうになっても、それを抑えようとしたりすることさえあります。

でも、ひとりエッチをしている女子は、「絶対にイキたい!」くらいの勢いで、積極的にオーガズムに達しようとするので、イキやすいという傾向があるのです。特に、中イキができる女子は、バイブオナニーで中イキをよくしている傾向があるようです。

 

 

最後に

いかがでしたか?4つほどご紹介させていただきましたが、あてはまるものなどあったでしょうか?これを参考にどんどん見抜いてくださいね(笑)

 

 

 

女性は、ひとりエッチをすることで自分の感度が磨かれます。 

そこでおすすめしたいのがこちら。

極太竿の中でパールが蠢きながら、波打つように膣内を擦り上げる、超攻撃的ギミックを搭載した、NLSオリジナルバイブです。
こちらを使ってどんどん感度をあげて楽しいセックスにしましょう!

無限六方大蛇


無限六方大蛇

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする