日本人と外国人で喘ぎ声が違わけ。その本当の理由とは?

AVを見ていて、疑問に思いました。日本人と外国人の喘ぎ声って大きな違いがありますよね?この違いって、文化のせいなの?歌声が違うように声帯にも違いがあったりするの?ということで、日本人と外国人の喘ぎ声の違いを生む本当の理由を調べてみました。

セックスに対する国民性

まず、日本人と外国人の喘ぎ声を比べた時に、一番気になることと言えば声の大きさや激しさではないでしょうか?慣れていないと、ちょっと身構えてしまいそうなぐらい外国人の喘ぎ声って、積極的なんですよね。ここにはやっぱり、国民性が表れていると言えるのではないかと思います。

古くから日本ではセックスは秘すべきものとされ、喘ぎ声を大きく出すなんてことは、はしたないものだと思われてきました。現代では、AVなどの影響もあり、昔ほどは声を出すことに抵抗の少ない女性も増えてきたとは思いますが、多くの日本男性が好むのも控えめな喘ぎ声なので、その文化が今でも根付いているのでしょう。

その反面、外国ではセックスに対してオープンな傾向にあり、まるでスポーツのように向上心を持って取り組んでいる女性も多いものですから、喘ぎ声も奔放に響かせる方が多いのではないでしょうか。

息を吐く日本人と、吸う外国人

日本人の喘ぎ声と外国人の喘ぎ声では、音が違うなんてことも言われています。きっと英語の授業などで習った方も多いと思いますが、英語の発音の中には、日本語の発音にない音があったりしますよね。なので、ぎ声に関しても発声が変わってくるところもあります。

また、日本人は吐息が漏れるのと同じように喘ぐのに対して、外国人はシー、スーというように、息を吸うように喘ぎます。実は、セックスの実用性で言うと、シー、スーのほうが良いんだそうです。息を吸うと、膣が締まるのだとかで、それを聞くと、今度ちょっと試してみようかな…と思う女性の方もいるのではないでしょうか?

最後に

さて、ここまで2つほど喘ぎ声の違う理由をご説明してきましたが、

実際のところ興奮できればどちらでもいいですよね(笑)

私的には騒がしく喘がれるよりかは微かに喘ぐ方のほうが好きだったりします。

皆さんはどんな女性の喘ぎ方が好きでしょうか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする